目の健康を維持しよう【スマホ老眼を防ぐためには】

メガネ

目が錆びる活性酵素の怖さ

ブルーライトと毛様体筋への負担により、長時間スマホを利用すると老眼の症状を感じるようになります。どちらも目に悪影響を与えるため、スマホは正しく使用することが重要です。ブルーライトをカットしながら適度に休息することで、20代や30代で老眼の症状を感じることはなくなるでしょう。

詳しく見る

メガネ

視力低下の仕組み

老眼は目のピント調節機能の低下によって起こります。視力がいい人も年齢を重ねると老眼になります。最近は若い人の間でスマホ老眼が増えています。視力低下を防ぐために、スマホを長時間使用しない、目薬を差す、目にいい食べ物を摂取する等の対策が必要です。

詳しく見る

女性

ブルーライトについて

若者の間において、スマホ老眼に悩まされる人が増えている。スマホ老眼の原因となっているものが、ブルーライトである。ブルーライトによりピンと調整機能に影響を与えることや、睡眠を阻害し生活リズムの乱れにつながるなどの影響がある。

詳しく見る

男女

現代が映し出す姿勢問題

スマホという身近なツールにおいて、過剰な利用は不良姿勢を招き、そこからくる身体への問題がいくつかある。その中で現代の問題の一つとなっているスマホ老眼は比較的若年者に関わる問題であり、個人で予防していくほか、社会全体でこの問題に取り組む必要があると考えられる。

詳しく見る

メガネ

対策に役立てましょう

ピントが合わなくなったり、遠近感や立体感が合わなくなったりなど、スマホが原因の老眼は中高生や20代、30代でも感じる場合があります。スマホが原因で起こる老眼について知れば、対策を立てる場合に役立てられます。

詳しく見る

若い世代に増えている

男性

累進レンズを使用する

多くの人が40歳を過ぎてくると老眼の症状に悩まされていますが、最近ではスマートフォンの普及によってスマホ老眼と呼ばれる老眼と同じように近くのものが見えにくい症状が若い世代で出現しています。老眼は目のピントを調節する毛様体筋が加齢によって衰えることで、うまくピントが合わせられなくなることで発生しています。一方、スマホ老眼は近距離でスマホの画面をずっと見続けることによって毛様体筋がずっと緊張状態となり、遠くの距離を見ようと思ってもピントをなかなかあわせられなくなることで起こります。スマホ老眼を防ぐためには、長時間スマホのような近くで細かな字を見続けないようにすることが予防策になります。しかし、スマホやパソコンは仕事や趣味を行う上ではなくてはならない存在になっていることから多少の時間を減らすことができたとしてもどうしても長い時間凝視してしまいがちです。そんなときには累進レンズと呼ばれる距離に応じてピントをあわせやすくする眼鏡を使うとよいでしょう。累進レンズは老眼鏡にも使われていますが、近くのものを見る時には毛様体筋をそれほど緊張させなくても楽に見られるようにして、目の疲れを軽減してくれます。最近の累進レンズは境目がなく、スタイリッシュなフレームと合わせて若い世代にも受け入れやすいデザインのものが多数出ています。また、目に有害とされるブルーライトをカットするレンズも累進レンズとともに効果があります。

Copyright© 2018 目の健康を維持しよう【スマホ老眼を防ぐためには】 All Rights Reserved.