目の健康を維持しよう【スマホ老眼を防ぐためには】

現代が映し出す姿勢問題

男女

新たな現代病

現代のソーシャルネットワークが活用される社会に置いて、スマホほど身近なツールはないといっても過言ではない。しかしながら、このスマホというもっとも身近で簡便なものが現在の新たな一つの現代病と考えられる不良姿勢を招いていると思われる。不良姿勢からくる身体への問題はいくつかあるが、その中でも視力障害、とりわけ老眼は中高年にとってはとても身近な眼精の疾患ではないだろうか。スマホに熱中すると姿勢が悪くなるというのは容易に想像できるだろう。ただし姿勢が悪くなり、知らず知らず目へのダメージを与えているというのは多くの人が気づきにくいものではないだろうか。姿勢が悪くなれば顔面の筋肉がこわばり疲労しやすい状態を作る。さらにスマホとの距離感も近くなるため眼への負担はより一層増えていくと考えられるのではないか。ではスマホと老眼はどのような関係を持つのだろうか。スマホ老眼の特徴は比較的若年である20代から30代に見られる、手元が見えづらくなったり、夕方になるとものが見えづらいといった症状である。これがいわゆるスマホ老眼というものである。加齢による老眼と異なる点は、眼のピント調整がうまくできないことでは同様の症状ではあるが、若い世代に見られるスマホ老眼は、症状が一時的なものが多く、疲労具合によって視力が安定しないことも大きな特徴の一つと考えられています。この問題に対し、今後は社会全体で警鐘を促すとともに、販売している携帯会社についても責任ある対応や対処を課すことが必要なのではないだろうか。最も、個人でスマホの利用時間を調整したり、姿勢を定期的に直して予防していくことが前提ではあると思われる。

Copyright© 2018 目の健康を維持しよう【スマホ老眼を防ぐためには】 All Rights Reserved.