目の健康を維持しよう【スマホ老眼を防ぐためには】

ブルーライトについて

女性

影響とその問題

近年、若者の間でも広がってきているものとしてスマホ老眼がある。従来の老眼では加齢とともに進行するものであり、50歳前後辺りから症状が現れるのが老眼の一般的なものであった。しかし、スマホが広く普及し、若者などの間でも長時間にわたり使用し続けることで老眼と同じ症状があらわれておりこれらをスマホ老眼と呼ばれている。スマホなどでは、ブルーライトが発せられており、これらを見続けることでスマホ老眼が進行するとされている。ブルーライトは、目の網膜に作用し、常にピントを合わせ込むように目に働きかけが行われる。それにより眼精疲労にと長ったり、ピントを合わせることが難しくなり老眼と同じ症状を進行させてしまう。特に、ブルーライトでは至近距離のディスプレイを見るほど影響が大きいとされている。以前から使用されているパソコンでは、30センチ程度離れた場所で見ることが一般的である。しかし、スマホではパソコンに比べ至近距離で見るケースが多いことから、特にブルーライトの影響を受けやすくなっている。その為、スマホ老眼と呼ばれるようになっている。これらを防止するためには、スマホの利用時間を制限することや距離を離してみることなどが重要である。また、ブルーライトは体内リズムにも影響を与えることがわかっている。ブルーライトを浴び続けることで、夜の睡眠が妨げられ、それにより深い睡眠を得られないことや睡眠不足に陥る恐れもあり影響が大きい。

Copyright© 2018 目の健康を維持しよう【スマホ老眼を防ぐためには】 All Rights Reserved.