目の健康を維持しよう【スマホ老眼を防ぐためには】

対策に役立てましょう

メガネ

知ることが大事

スマホ向けのサービスが充実しているので、利用者は増え続けている状態です。中高生が所持しているケースは珍しくないですし、60代や70代のシニア世代の利用者も少なくない状況です。スマホはパソコンに近い性能を持っているので、1台持っているだけで便利な生活を送れるようになるのは事実ですが、利用し過ぎてしまうと老眼を招く可能性があります。年を取ると体力や筋力が低下するように、眼の機能も低下するので老眼になりやすくなります。しかし、スマホが原因の老眼に年齢は関係なく、中高生や20代、30代で不調を感じている人があります。そのため、老眼を疑うべき状況を知ることが大事です。すると、対策を立てられるようになるので、スマホ老眼を改善したり、防止したりが可能となります。たとえば、眼の調節力が低下し、ピントが合わなくなることは疑うべき状態の1つとなっています。また、眼の筋肉のバランスが崩れることによって、疲労が溜まりやすくなったり、遠近感や立体感が合わなくなったりします。これらはスマホの画面を長時間見続けることが大きな原因となっているので、最も効果的な対策は使用する時間を減らすことです。連絡やインターネットの利用、アプリの利用など、スマホをたくさん使用していた場合は時間を減らすのは難しいと考えるでしょう。しかし、スマホを使用しない分、時間が生まれることになるので、体を休めることに使用しても良いですし、勉強する時間に充てても良いです。

Copyright© 2018 目の健康を維持しよう【スマホ老眼を防ぐためには】 All Rights Reserved.